SSブログ

another 札幌記念(番外編) [競馬]

(体調不良を克服するために)

(ここはとある大学のキャンバス。今風イケメンの大学生が一人校内を歩いていた。)

んっ。あれは何だ?黒い...。
なんだ、ノート?...か。
真っ黒いノートなんて気味悪っ。でも何か惹かれるような。
しょうがない。拾って教務にでも届けるか。

ん?表紙に何か書いてある。汚い字だなぁ。
何?...。

KESHINOTE

って...。

(ノートをぱらぱらとめくり始めるが、やがて舐めるように見る)

これは...。
過去5年間の重賞で人気で飛んだ馬の事が詳細に書いてある...。
しかも、書いた日付はレースの前日だ。
これは...ひょっとすると...。
(周囲を見渡し)誰も見てなかったよな。よしっ。

(ノートを手に自宅へ急ぐ。自分の部屋で、インターネットで調べながら、再度ノートを舐めるように見て、しばし黙考。)

ひょっとしたら、このノートは書いた馬を消すことが出来るのかも知れない。
汚い字だし、稚拙な書き方だが、ここまで刻銘に負け方を書いて、それがことごとく当たっている...。
こんなものがあるはずがないという気持ちも強いが...。
使ってみたい。このノート。
て言うか、使わずにはいられない...。
うおーっ。
削除!削除!削除!
違うっ。違うっ。
消し!消し!消し!
(猛然とノートに書き込み始める。)

(ノートに書かれた文章)

2008年8月23日
第44回札幌記念(GII)
芝・右 2000m サラ系3歳上 オープン (混合)(特指) 定量

マツリダゴッホ(牡 5歳 鹿毛)

4番枠という絶好の馬番枠を引く。
が、中山と違って、今ひとつ肌が合わないのか、はたまた休み明けだからなのか、パドックから少々いらつきが見られる。
返し馬はそれなりだったが、ゲート入りを若干嫌がる。

15:25 レーススタート

いきなりESP(エスパー伊東ではない。蛯名スペシャル)炸裂。大きく出遅れる。(場内からあーっ出ちゃったよ、という溜息。)
逃げるコンゴーリキシオーを見る形でレースを運ぶつもりが、いきなり最後方からの競馬。
休み明け2101ながらも、今日は馬の動きは良くない。
先行有利は明らかなので、2角手前から騎手追っつけると、大外を今度はかかりながら上がっていく。
3角手前で6番手まで押し上げる。
3、4角中間で更に前へと指示を出すが、馬は動かない。
直線必死に追うが、ガソリン切れか、全く伸びず、5着に沈む。
ゴール前、あの暮れの大一番でN局のアナが叫んだのと同じような実況が。
「やはり最初の出遅れが響いたか!これはもう、祭りだ。祭りだ。後の祭りだ...。」

15:27頃 ノートが本物かどうか試される...。
(夜のマルチエンディングへ続く...。)

(注)文中実名が登場しますが、予言では当然ありません。あくまでも予想です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます